こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヒンジつき門形ラーメン

添付書をご覧ください。

投稿日時 - 2017-09-03 16:40:21

QNo.9370484

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

図のような構造物は、これまで見た覚えがないですが、可能性としては、
・全体を一つの構造体として作ってあると運搬できないので、2つに分ける必要があるような場合に、つなぎ目は剛接合にするよりヒンジにしたほうが簡単になる。(現場での作業時間の低減など)
あたりでしょうか。

図と違って、左右の柱の下もヒンジの場合は、「3ヒンジラーメン」と言って、よく使われます。
これは「静定架構」といって、骨組みの変形が応力に影響しない、という特徴を持っています。そのため
・温度変化による熱膨張によって各部材の長さが変化しても、骨組みの応力が変化しない。
・左右の地盤が不動沈下した場合でも、骨組みの応力が変化しない。
などの長所があります。
欠点は、あと一つでもヒンジができると(事故で材の途中が欠けるなど)架構が倒れてしまうことです。

投稿日時 - 2017-09-05 11:50:14

お礼

foomufoomu さん、ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-09-06 09:24:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)