こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

再婚後の生命保険の受取人を配偶者にしない

バツイチ同士再婚して2年になります。互いに元配偶者の間に成人し社会人となった子がおります。夫は生命保険と個人年金の受取人を離婚後、元妻から子供に変更しました。私と再婚後、各保険会社より受け取り人等変更の案内が届きましたがいずれも変更無しと回答していました。再婚して1年程度しか経っていないから何か不安でも有るのかとと思いながらも、何か起きた際に一番守りたい人が妻の私で無い事に少し悲しい気持ちになりました。結婚して2年過ぎた頃に、再度変更等が有れば申告して下さいとの案内が届きました。今回も夫は変更なしと回答しました。なんだか彼の中での家族と言う概念の蚊帳の外の存在に思えてモヤモヤしてしまいます。夫に正直に私の思いを伝えるべきでしょか?或いは再婚後に生命保険等の受取人を子供のままにして、新しい配偶者にはしないと言うのは特別おかしな事では無いのでしようかか?ちなみに一時受け取り額は2000万円程ですので、事故や不幸が起きた時の介護、医療費、葬儀、墓などに充てられるものかと思います。どうかご意見とアドバイスお願い致します。

投稿日時 - 2018-02-14 16:00:42

QNo.9429010

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

主さんの文章を読んでいて「モヤモヤ」したので書き込みします。

主さんはご主人が事故や不幸に見舞われる前提で考えていますよね?そうなった後、苦労したくない、と。
一体何が目的で再婚したんですか?「一番守りたい存在」は主さんもご主人も「実子」に決まってるでしょう。
子供がいない同士なら理解できますけど、自分にも子供がいる母親の言い分として理解不能です。

正直、お金目当てでの再婚、苦労したくないための再婚としか思えないですね。ご主人に対する思いやりが
全く主さんの文章から伝わって来ないので。成人したお子さんがいる、となればそれなりの年齢ですよね。

何が何でも保険金の受取人にならなければ主さんの「モヤモヤ」は消えないでしょう。
しかし、ご主人にそれを言えば、ご主人が可哀想ですねぇ…
残りの人生を共にする配偶者を得たと思ったら、自分が死んだ後の事を色々考えているような相手だった…
「オレもつくづく運のない男だ…」なんて溜息が聞こえるような気が…

まぁ、はっきり言うべきですね。
そうすれば、ご主人が一生「モヤモヤ」しながら生きていくだろうとは思いますが。

投稿日時 - 2018-02-22 22:51:29

お礼

ご意見ありがとうございます。勿論です、どちらが先になるかわ判りませんが死は必ず訪れますし、重度の障害や病気になったら介護や世話をして支える覚悟あっての結婚です。しかし金銭的や肉体的というよりも最愛の人を失ったという苦労したくないです、しかし避けられませんよね?私にとって実子も夫も同じくらいにいとおしく、一番守りたいのは絶対実子とは思っていませんよ、そこは個人差があるかもしれませんが。子供達はいずれかは好きな人と自分自身の新しい家庭を築くでしょう。大学も卒業し、しっかり仕事をし、渡しが金銭的に支えなくてもたくましく生きてきけるでしょう。母である私がこれから一番大切にしていく人は、これから先の人生を手をとりあって歩んでいく夫だと考えています。私達は20代や30代ではありませんから子供を作って家庭を築くためというより、老後と最後を見据えてながら最愛の人と添い遂げる、そういう目的で結婚したと思います。しかし結婚ってきれいごとばかりではありませんよね?介護や死がやって来た時お金はシビアな問題です。がめついとか欲張りとかそういう問題ではないとは思いませんか?疎遠になっている夫の実子達が仕事を放り投げて彼の介護をすることは無いと思います。生命保険から降りる受取金は、家族の介護や死に纏わる即急に必要な資金の為にあるものであると私は考えます。遺産増族とは別の話しだと思っています。結婚は恋愛でなく生活です。ですので、話ずらくても、これから一緒に生活して行く基本の処は話し合って固めていく。それが夫婦関係の安心と幸せにつながると考えています。違った角度のご意見ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-02-23 16:47:53

誤解されているといけないので、もしローンを組んで持っている持ち家があるなら、20年住めば所有権を共有できる・・・という話と
突然病気でご主人がお亡くなりになたっときの遺産分割は別問題です。

まず、今の段階で公正証書遺言で全部を奥さまに遺贈する旨
それでも「遺留分」があって、1/4はご主人の子供にいきます。

20年経過していれば、ご主人の相続財産は半分減っているから
ご主人のお子さんがもっていく分は遺留分が1/8になります。
持ち家が4000万円評価なら、500万をお子さんに遺留分として
渡せば、家に住み続けられ、家を売って介護施設にはいることも
可能になります。

投稿日時 - 2018-02-15 16:44:43

お礼

ありがとうございます。なるほど。その点は私も学習してみます。公正証書の現状も具体的に夫に相談しようと思います。それまで心を落ち着かさせて、前向きに建設的に考える努力が必要だとつくづく思うところです。

投稿日時 - 2018-02-17 07:36:30

ANo.4

成人した子供とは25歳以上でしょうか。夫婦は50を超えていますね。未満だったとしても夫婦が一緒に行動することもあり、旅行時の事故という可能性もあります。

お金を渡したくないから子供を受取人にしたのではなく、実際不慮の事故の際全てを仕切るのは子供になる可能性があります。遺産はすぐには出ませんが生命保険は4日くらいで振り込まれるため、親族全員の手配と支払いまでできるのです。

子供二人の我が家で父は私を生命保険の受取人と指定し、全ての手続きを任せました。百万円以上が1ヶ月で費用としてかかり、つつがなく終えられたのは父が用意していたからです。

前妻との関係もあるし、後妻から親戚全員に連絡を取ることを考えていますか。またこのまま20年も経てば妻も高齢で一人でできることにも健康の保証もありません。増してや伴侶が亡くなったときに気丈に仕切れますか。

投稿日時 - 2018-02-14 19:13:17

お礼

ありがとうございます。父と子の関係によりませんか?
確かに母が高齢なので喪主を長男長女に託すケースはあるでしょう。しかし夫と実子はそう言う近い関係とは思えません。ほぼ疎遠であり、2度お会いしましたが、お嬢様からは遺産は欲しいから入院したら連絡してと言われました。彼らが介護云々してくるとは考え難いです。そう言う現状を踏まえても、頑なに彼らが私より大切なんだと思うと、今後、皆んなにとって、何が正しい対策なのか?そう思い病んでいます。

投稿日時 - 2018-02-16 10:13:19

ANo.3

私の知人(再婚・女性)と同じ環境ですが、質問者様とは考え方が少々違い、知人は自ら夫と話し合って生命保険の受け取りをお互い自分の子供に変更しています。

配偶者を保険金受取人として、夫=死亡、妻=生存のケースでは、妻に全ての保険金が支払われますね。
現妻は保険金と資産の半分、自分の子供は資産の半分のみです。
その後、もしも事故や災害などで現妻が亡くなると、夫の保険金と現妻が相続した夫の資産が現妻の子供に全額相続されることになります。

具体例 夫の生命保険2000万円、夫の資産1000万円で、夫が先に亡くなり、その後に妻が亡くなった場合
夫死亡時=妻2000万(保険金)+500万(資産の半分)=2500万、夫の子供=500万
(もしも夫との共有財産があった場合、共有財産は夫と妻2分の1づつですから、4分の3が妻、4分の1のみが夫の子供となりますが、ここの例では共有資産を考慮していないのでそのまま子供=500万です。)
その後、妻が亡くなった場合、妻の子供が上記2500万の全額を相続します。

知人は、災害時や事故などで夫婦どちらかが先に亡くなり、残った側がその後に亡くなった場合の相続を考慮して、夫婦お互いに自分の子供に一番多く支払われるよう、保険金や相続に互いの子供に不利が無いように配慮したのですね。

そして、知人(妻)は主婦で妻名義の資産が少ないことから、妻の死亡保険金を夫の保険金より増やすことで夫婦どちらが亡くなっても、「子供には同じ額が行き渡るように」したそうです。
また、後遺症や介護などでかかる費用についても夫婦で話し合い、死亡時以外の医療や介護の掛け金の安い保険に受取人を互いの名義として加入したようです。

いかがでしょうか。「>再婚後に生命保険等の受取人を子供のままにして、新しい配偶者にはしないと言うのは特別おかしな事では無いのでしようかか?」が、特別おかしくないことがご理解いただけたでしょうか。

互いの資産と保険金の割合、互いの子供への相続額などについて、モヤモヤ感情を少し抑えてもう少し具体的にお考えになってみてはいかがかと思いました。

投稿日時 - 2018-02-14 17:39:26

お礼

ありがとうございます。私も最終的にはお互いじっくり話して、互いと互いの実子が納得できる、何が起こった時の対策をしっかりと作って行きたいし、それが理想と考えております。しかし、現状、わたしは守らなくていけない家族の1人と認識されていない、かなり基本的な観念の欠除に心を痛めています。実子と私を連名にするのは簡単です。なのにあえて、頑なに実子のみを家族と認識してる。私の思いを伝えても、金金ってうるさいだとか、変えりゃ良いんだろう?って反応に素直に喜んで良いのか、不安です。大切にしたい、守りたい気持ちって、相手から強制的に持たされるのでは無く、本心から湧き出るものでは無いですか?

投稿日時 - 2018-02-16 10:00:19

ANo.2

まあ、こればっかりは本人に聞いてみるしかないと思うんですよね。

再婚以前から(?)加入していた生命保険で受取人を元妻状態のままだと、
そこは元妻にお金が流れてしまうわけで、ご主人はそれはしたくなかった。

しかし、実子へは自分の相続財産としてお金を残してやりたい気持ちが強く、
それが実父としての最後の?お役目だと思われたんじゃないで
しょうかね?

これが普通のことかどうかは何とも言えませんけど、
父から実子へのせめてものプレゼント・・(親が離婚という経験をさせて
しまったことへの詫び?とも受け取れます)なのかもしれません。

で、再婚したあなたとの生命保険に関しては、お金に余裕があるなら
受取人をあなたにして新規加入すればいいことなんだろうと思います。
それだったら特に文句はありませんよね?

ご主人がどれだけの財産をお持ちなのか分かりませんが、
現配偶者であるあなたには相続権利はあります。

将来的にご主人がどうこうなった場合、あなたと実子とで揉めないための
措置(生命保険は実子へ、現財産はあなたへ・・)という見方も出来ます。
(もちろん生命保険受取だけでなく、現財産も実子には相続権利はありますが
そこで揉めるくらいなら誰にも拘束されない、相続税もかからない生保の
受取りを実子にしたのはいろんな意味でご主人は賢明だとは思います)。

繰り返し書きますが、保険金うんぬんを申されたいのであれば、
今からあなたとの間で有効な保険に加入してもらえればいいだけのことでは
ないでしょうか?

投稿日時 - 2018-02-14 16:49:18

お礼

ありがとうございます。再婚は素晴らしい面もありますが、デリケートな面もありますね。互いの実子もその一つです。やはり配偶者は有る意味他人、実子はどんなことがあっても一生家族。離婚経験が夫にそれを身に沁みさせたのかもしれないですね。しかし3つ以上入っている全ての保険の受け取り人が実子、しかもそのうち一社は個人年金で私と再婚時に加入したもの。此れすら受け取り人は実子です。そうなると一体私を守る気が無いかと思ってしまいます。夫は実子らとは疎遠。離婚前にから家族とは10年近く別居していた為か近い関係とも思いません。思い切って夫に聞いてみたのですが、忙しくて保険の見直しする時間が無かったやら、やり方が分からないからなどの言い訳しております。新しい保険に入る気はなさそうです。私としつは勿論いざという時の先立つ金銭的な助けも大切ですが、愛する家族として先々を守る思いが感じられない事にモヤモヤしてしまいます。

投稿日時 - 2018-02-16 07:46:31

あんまり意識していないと思います。
それより、持ち家ならば相続の際、家を売って子供に法定相続分をわたさなくてはいけません。トラブルを避けるためにも「全部の相続財産を妻に」という遺言を書いておくことです。

投稿日時 - 2018-02-14 16:47:17

お礼

ありがとうございます。本年は配偶者居住権の法改定が発案されると聴きましたが、いずれにしても夫の実子達とは揉めたくはありません。今はまだ早いかもしれませんが、20年婚姻した頃にはしっかりとした公正証書などにしないといけないですよね。その前にまた法改定が有るかもしれないですが。焦らずじっくり勉強します。

投稿日時 - 2018-02-15 15:54:49