こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

砂糖と塩が固まります。

砂糖と塩が固まります。
砂糖、塩をタッパーに入れて冷蔵庫に保管しています。
すると、固まって、固まりになり、とても使いにくくなります…。
砂糖や塩、みなさんはどうやって保管して使っていますか?
固まらなくなる方法など教えていただけませんか?

投稿日時 - 2018-05-18 20:27:27

QNo.9499700

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

何十年もの間冷蔵庫に入れないで砂糖に蟻も虫も湧いたり変質したことは有りません。

お米はそのままで置いておくと虫が湧きますので虫が湧きますので、薬を入れたり、家にはお米専用の冷蔵庫を置いていますが、砂糖や塩は恵三子に入れる事は無いですし、しない方が良いです。

家は台所が2ヵ所あり、片方は私の趣味用ですが、砂糖を買って来て袋から半分ほどをプラスチックケースに入れ残りはジプロックに入れて無くなれば継ぎ足しますが、1年以上経っても半袋くらいしか使わない事も有りますが、全く問題は有りません。

投稿日時 - 2018-05-20 08:03:17

ANo.5

はじめまして♪

私は、砂糖も塩も「冷蔵庫」に入れた事は在りませんねぇ。。(^o^)

砂糖も塩も基本的に「冷蔵」する必要はアリマセンし、「冷蔵」した事で、より型まま裏安く成ることも事実です。

どちらも、冷蔵庫で冷やされていて、それが常温空気に触れる度に、空気中の水分を吸ってしまう(暑い夏に氷を入れたコップの外側に水滴が出来るのと同じ原理)からです。

砂糖には「蜜」の成分が在るので、水分だけでは無くとも固まりやすいのです。
かなり高い温度に成りますと溶けて、くっ付く。という事もあるので、人が快適と思えない様な高温度の環境は避けた方がベターです。
過去に、何年も押し入れに押し込まれていた砂糖(上白糖)がかなり固かったので、在る程度砕いてからミキサーで粉砕してみた事が在ります。
いやぁ、実に細かい「粉砂糖」のようになって、その時は嬉しかったのですが、比較的短期間で固まってしまい、しかも非常に細かい状態から固まったので、固過ぎてどうにも出来なく成った、、、という経験もあります。
(今考えれば、高速のミキサーに依る摩擦熱等の影響も在ったのか?と思います。)

昔のおばあちゃんが言っていた通り、袋の中で固まったら、袋の上から揉みほぐして、普段使う分だけ蓋付の入れ物にいれておく。というのが良いようです。

塩は、完全な精製塩なら、よほど多くの水分が無い限り固まらないのですが、純度が低い、つまりはミネラル分が豊富なタイプほど、空気中の水分でも固まりやすく成ります。
結露を防ぐ。という事では、冷蔵庫でタッパーに入れている塩は、利用する半日か1日前に冷蔵項から出して、常温に戻ってから蓋開けるようにする。という事でも良いでしょう。
いや、むしろ多量の塩の長期保管の部分と、わけて、常時利用する分は小分けして小さめのタッパー等で常温の場所に置く。というのが実用的だと思います。

砂糖も塩も、食品の保存料という使い道もあるので、冷蔵保存の必要性は全くアリマセンし、弊害はそれなりに在る。というダケです。
 非常に砂糖の濃度が高い「砂糖浸け」や、同じく濃度が高い「塩漬け」は昔からの保存食加工に多用されていますものね。

普段の利用量が少なく、それでいて割安だから、という事等で多めの販売品を購入されるようでしたら、砂糖も塩も「1ヶ月」くらいで使いきれる分量のタッパーに入れて、それは台所周りや食卓周りで日光等が当たらない場所で活用し、多量の「保存」部分は、購入時の袋等でこぼれないようにし、さらにレジ袋などで適度に密封したた状態で、温度変化が少なく光が当たりにくい場所に保管されるのが良いのでは?と思います。

先に書きました、我家の固く成った砂糖は、押し入れで10年程寝ていた物でした。私の地域では、地域の人が弔問する時、香典とロウソクとお線香と砂糖を持って行く、という風習が昔からあったので、、、。
(近年は、そんな地域の繋がりが多かった田舎でも、周囲に「お知らせ」をせず、家族葬を済ませてから、新聞のお悔やみ欄に「葬儀終了」というケースも多く成って来ましたが、、、。)

あ、いかん、また無駄話が多く成っちゃいました。ごめんなさい。

個人的考えですが、基本的に冷蔵庫に居れなくて良い。たまたま他の適した保管場所が無い場合で1月から数年以上の保管なら、冷蔵庫もアリだけで、普段使いは「小分けして。常温場所」が良い。と思います。

投稿日時 - 2018-05-19 18:59:34

ANo.4

砂糖も塩も冷蔵庫には入れません、プラスチックの蓋つき箱型の容器に入れて流し台の棚に入れています。
そのままで殆ど固まる事はありませんが、砂糖の場合は減って来て少し硬くなると、ネットでの情報をもとに上からビニールパックに入れていたわ柔らかい砂糖を継ぎ足すと、下の固い部分まで何故か自然と柔らかくなります。

何ヶ月もの保存でも冷蔵庫に入れないで常温保存の方が良いです。
砂糖や塩を使う度に冷蔵庫の扉を開けるのも電気代の無駄使いです。

投稿日時 - 2018-05-19 10:32:00

補足

ありがとうございます。
砂糖を冷蔵庫以外のところに入れるとアリンコが湧きそうなのですが…そのへんは大丈夫でしょうか?

投稿日時 - 2018-05-19 14:34:25

ANo.3

塩は精製塩にすれば固まりません。
海水を蒸発させて残る塩は NaCl以外の成分を含んでいて その中に水分を吸収する物質があります。
精製塩はそれもとりのぞいています。
砂糖は容器に袋から移し替えないで 袋ごと入れておきます。
固まったら取り出して 袋ごと揉みます。
精製塩
https://store.shopping.yahoo.co.jp/amicashop/x51174036008.html?sc_e=slga_pla

投稿日時 - 2018-05-19 01:43:32

ANo.2

まず、お砂糖はどうにも固まります。
取り手のついたタッバ-に入れ、棚の中に入れています。
棚の隅に除湿剤を置いたりしていますが、効果はありません。

塩ですが。
ガラス瓶に入れてます。
たまに蓋を取って電子レンジで30秒。
蓋をして振ってほぐします。
そして蓋とって、もう一回電子レンジ。
ふたを開けたまま放置して、冷めたら蓋をします。
昔は、鍋で炒ってたんです。
母がそうしていたので。
だんだん面倒になって、レンジかけてみたら
けっこう大丈夫だったという話です。

投稿日時 - 2018-05-18 21:12:04

ANo.1

冷蔵すると、外へ出した時の温度差で容器内に結露を起こしたりします。その水分を、砂糖や食塩が吸って表面が溶けたりし結果塊になるという流れになります。特に食塩は、水分をよく吸う性質があるので、高温多湿な日本では注意が必要です。

通常、食塩の場合は、食品に使えるシリカゲルなどの乾燥剤を入れて " 常温 " で保存します。密閉性の高い容器であれば、乾燥剤不要で使うことは可能です。(自分は密封性の高い容器に入れているので乾燥剤は使っていません)

砂糖の場合、結露等の空気中の水分などの影響で固まる事もありますが、逆に砂糖の中に含まれている水分を過剰に除去すると、これもまた結晶化してしまいます。(砂糖の場合、水分不足で固まる事のほうが多いです)ですので、冷蔵庫という乾燥しやすい空間はNGです。ですので、密封性の高い容器に入れて " 常温 " で保存して下さい。水分不足で固まってしまった場合は、湿度の高い空間に置いて水分を含ませたりすると戻る事があります。(こちらも自分は、密封性の高い容器に入れて常温保存しています)

投稿日時 - 2018-05-18 21:06:00